世話焼きと気の強い性格のおかげで・・・

職場で責任者を任されているのですが、1人でタスクを抱えすぎてしまうことがよくあります。もともと困ってる人を助けてあげたくなってしまう世話焼きの性格なので、自分のタスクが手一杯の状況でも、部下から困った案件や質問をどんどん持ってこられた時、本人で処理出来なさそうな物に関しては私が巻きとってしまい、更に仕事が増えてしまいます。そういう時に仲の良い同僚がミスしたりすると、自分のタスクが山ほど残っていることに対するイライラから、仲のいい同僚を酷く叱ってしまったり、そんなに酷く言わなくてもいいのに過度に強い言い方をしてしまう事が多々あります。言ってしまった後に、ああ・・・言ってしまった・・・なんでこんな言い方しかできないんだろう・・・と、とても後悔してしまいます。イライラしてるからといってあんなに強く言ってしまうなんて嫌な奴だなあと。部下が自分に持ってきた案件も、相手のためを思うなら自分で処理させた方がいいのは分かっています。でも、すごく困ってるし、自分がやってしまった方が早いし、教えても不安そうな顔を見ると、やってあげたいという気持ちになってしまいます。結局それでタスクがどんどん増えて、イライラがつのって、人に当たってしまうという負の連鎖が起こってしまうのは自分でもわかってるのですが・・・。こういう困ってる人を放ってほけない性格と、気の強い性格がとても嫌だと思い、自分で自分を嫌いになる時があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です