嘘は必ずバレるときがくる

私が自己嫌悪してしまう時は、虚言癖があることです。初めて嘘をついた時を今でも覚えています。それは小学校3年生の時、好きな女の子に動物園に一緒に行かないかと誘われた時です。当時は恥ずかしかったのかどうかまでは忘れてしまいましたが、おばあちゃんの体調が悪いから行けないと女の子に嘘をついてしまいました。結局は親同士が仲が良かったのでバレてしまい、動物園に行くことになりましたが。この嘘をきっかけに、常習化していきます。中学生になり柔道を習い始めました。習い始めたはがりの頃は監督も優しく接してくれましたが、大会に出場し結果を出せるようになると徐々に態度が厳しくなってきました。段々と練習に行くのも嫌になってしまい、何とかして休めないかと考えついたのが、仮病です。仮病を使って練習を休んでいましたが、やはり嘘はバレるもので監督に呼び出させれて怒られました。この頃から嘘をつくという事に抵抗力が無くなったんだと思います。初めは話しの内容を誇張する程度でしたが、次第に行ったことも無いのにも関わらず、その場所に行ったと嘘をついたり、実際は付き合ってもいないのに彼女がいると言ってしまったり、些細な嘘が湧いて出ていました。嘘というのはやはりいつかはバレるもので、周囲の友人が徐々に距離をとるようになってしまいました。当時はとても辛く、両親にカウンセリングを進められ、今では虚言癖はだいぶ落ち着きましたが。今ででも思い返すと、何故こんな些細な嘘を繰り返し言っていたんだろうと思います。これが私の自己嫌悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です